世界でのプログラミング教育事情

日本と世界の教育事情

現在の日本ではまだまだ子供にプログラミング教育をさせるということが一般的ではない状態ですが、世界の教育事情に目を向けて見るとどうでしょうか。

イスラエル、アメリカ、イギリス、エストニア、韓国、シンガポールなどでは日本よりも遥かに早い段階から大きな規模で早期IT教育が実施されています。

そして実際にかなり成果も上がっているようです。

世界のプログラミング教育事情について書かれたブログを発見したので紹介させてもらいます。

プログラミング教育を強化した国で何が起きているのか?世界の教育事情

日本は先進国といえど、IT教育の分野においてはかなり遅れをとっていると言わざるを得ません。

これからの成長を考えると教育改革は急務だと考えられます。

これだけ社会に広くITが普及し、ITの恩恵を受け、様々なデバイスなどをみんなが使っている中で、コンピューターの動作原理のような中身の部分に触れずにただ作られたものを使うだけではもったいないです。

使う側から作る側へと移ることも可能ですし、教養としても知っておくべきことがたくさんあります。

 

早期IT教育は特殊な習い事ではなく、もはやかなり必須の教養になってきました。

将来現在教育を受けている子供たちが社会に出るときにどのような世の中になっているかを考えれば必然な選択だと思います。

ITeens Labの公式LINEに登録してお得な情報をゲットしましょう!


ITeens Lab 2.0 オンラインコースについてはこちら


初めての方へ