中学3年生のだいずぃん君が国家資格「ITパスポート試験」に合格しました

中学3年生のだいずぃん君が、2021年12月に実施された国家資格「ITパスポート試験」に合格しました。
ITパスポート試験は、全国で9万人以上が受験(令和3年度11月まで)している「ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験」です。
ITeens Labでは、デジタルネイティブ世代である生徒たちに必要な幅広い知識が身につくと考え、2020年8月にITパスポート試験合格講座を開講し、1年3ヶ月もの間合格を目指して講義を行ってきました。
全国でも数少ない中学生の合格者という実績が残せたことを嬉しく思います。

だいずぃん君コメント

自主学習では習えないようなプラスαの内容も教えてくれたので楽しく授業を受けられました。
ITパスポートは、インターネットを使っていく上で知っておくと良い知識を総合的に学べる内容でした。
クラスはみんなの仲が良く、活気のある教室だから楽しく質の良い授業を受けられたのではないかと思います。それが自分が合格できた大きな要因の一つだと思います。一年間勉強をしていましたが、終始楽しかったです!!

 

こば先生コメント

今回、ITパスポート試験のカリキュラムを作成して、生徒たちとともに実際に授業をして、受験するまでやはり難しい点がたくさんありました。
講座に所属する生徒たちのほとんどは、時には「難しい・きつい」と弱音を吐きながらも最後まで(今の時点でも)この試験に対して、とても前向きに挑戦してくれました。

学年から考えると、やはり難しい内容の勉強も多かったのですが、授業の時間の中で「なぜITパスポートを受験するのか」「ITパスポートで学ぶ内容がどう役に立つのか」そういったことを、繰り返し生徒たちと確認し合いながら講座を進めてたきたことが成功要因だったと考えています。

今回、最初に合格しただいずぃんくんを始めとして、小学生を含む他のメンバーも、さらに上位の試験である「基本情報技術者試験」にさえ挑戦する意気をもってくれており、そういった姿に講師一同も感銘を覚えつつ、非常に頼もしく感じています。

また春から新しいクラスとして、ITパスポート試験合格講座を開講することになります。講座の内容や進め方もさらにブラッシュアップして、より多くの生徒達にこの試験にチャレンジしてもらいたいと思っています。

 

ITパスポート試験合格講座とは

「デジタルネイティブ」といわれる現代の子どもたちは、幼少期からITにふれ、スマホやパソコンの使いこなし大人顔向けなこともできてしまいます。
しかし、様々な便利機能の裏側には厳しいルールや危ない犯罪が潜んでいます。
ITパスポート試験合格講座とは、ITeens Labで開講されている専門クラスの1つで、生徒たちのITリテラシーの向上、大人になってからも活かせる知識の習得の一環としてITパスポート試験合格を目指しています。

 

保護者から見たITパスポート試験合格講座とは

ITeens Lab Podcast~プログラミング教室の放課後トーク~で、だいずぃん君のお母さんが保護者目線でITパスポート試験合格講座のことについて話してくださいました。
ぜひご視聴ください。

毎週日曜日19時からライブ配信を実施中


公式LINEからお問い合わせや相談も可能です