【子どもアイディアコンテスト】ITeens Lab生徒・古堅 るみか ちゃんが優秀賞を受賞

Honda(本田技研工業株式会社)が2002年から開催している「子どもアイディアコンテスト」。

12/11(土)に行われた同コンテストにて、プログラミング初級クラスの古堅 るみか ちゃんが高学年の部・優秀賞を受賞しました。

子どもアイディアコンテストとは

2002年から続いている「子どもアイディアコンテスト」

どもアイディアコンテスト」は2002から開催している、Hondaの次世代育成プログラムです。

どもならではの発想からまれるアイディアをカタチにすることで「つこと」「挑戦すること」「創造すること」の大切さやしさを体験してもらい、その過程においてども社会的成長一助につながることを目指しています。

https://www.honda.co.jp/philanthropy/ideacontest/about/index.html より引用)

公式サイト:子どもアイディアコンテスト

 

発表の様子

古堅 るみかちゃんと妹のはるあちゃんが一緒に考えたアイディアは「ハッピータイム ましまし アプリ」。

同じ時間でも、楽しい時間や幸せな時間はすぐ経過し、きついことや辛いことは体感として長く感じます。

そこで、脳波を計測して解析することで「楽しい時間を長く、きつい時間を短く感じる」ようにするのがこのアプリの特徴です。

姉妹でコント風の発表スタイル

約70回も練習したという発表は姉妹の息ぴったり。

紙芝居風の小道具もしっかりと作られており、アイディアの内容が分かりやすく伝わるように工夫されています。

約70回も練習したという発表

みんなのハッピーの総量が増えることを風船で表現。どちらもしっかりと前を向いて発表しているのがさすがです。

発表お疲れ様でした!

そして、そのアイディアはもちろん発表の工夫やユニークさが評価され、高学年の部で見事優秀賞を受賞しました。

おめでとうございます!

見事、高学年の部・優秀賞をゲット!

最終選考会のYouTubeライブ配信はこちらからご覧いただけます。

毎週日曜日19時からライブ配信を実施中


公式LINEからお問い合わせや相談も可能です