こどもばんぱくでワークショップを出店してきました!

皆さん始めまして! ITeens Lab. スタッフの西村です!
今回はこどもばんぱくに生徒が主体となってワークショップを出店したので、そのことを紹介させていただきます!

こどもばんぱくとは

こどもばんぱくとは、運営がこどもだけで行われる“こどもによるこどものためのワークショップ”です。
ITeens Lab.の天神ラボに通っている、中井けんとくんが企画・運営したイベントです!
詳細はこどもばんぱく公式サイトよりご確認ください!

ブース紹介

アクセサリー屋やチマチョゴリ屋、缶バッチ屋など、15店ものワークショップが出展されました。
ITeensLab.は、前日にハッカソン合宿を行い、そこで作ったゲームを出展しました。作成した生徒たち自ら操作方法を教え、参加者にデモプレイを楽しんでもらいました。

また、ゲームで遊んでくれた来場者が一番面白かったと思った作品におはじきで投票してもらい、一番票多かったチームにITeens.Labのグッズをプレゼントするというプチ大会も行いました!

当日の様子

当日は9:30に会場である福岡市男女共同参画推進センター・アミカスに集合し、10:00にこどもばんぱくがスタートしました!

生徒自身による制作したゲームの説明

子供達は合宿で行われたハッカソンでは6チームに別れてそれぞれが一つづつゲームを作っており、そのゲームの操作方法などをを来場した人たちに緊張しながらも一生懸命に教えていました。

ブースは出店終了までずっと人が絶えないほど人気でした!

中には何回もゲームをするために来てくれる来場者もいて、子供達にとっても嬉しかっただろうと思います!

中学生の生徒によるScratchの無料体験会

中3の生徒が無料体験会を来場した子供にしてくれました!

手こずりながらも無事教えることができていました。

教え終わった生徒の顔はとても達成感に満ち溢れていました!

普段は体験できない先生の立場になってプログラミングを教えるというのは生徒にとっても良い勉強となったのではないでしょうか。

プログラミング以外にも…..


また、「こどもばんぱくは子供による子供のためのイベントだからやります!」といって進んでチラシ配りをしてくれた生徒もいて、このイベントを通しての生徒達の成長を感じることができました!

こどもばんぱくで身についたことと感想

今回のこどもばんぱくでは、スタッフはワークショップの運営にほぼ関わらず、あくまでもサポートをするだけ、という立場をとりました。

その結果、生徒が主体となることで、例えばゲームの説明をしている最中にバグが見つかってしまったりしてしまったなどのトラブルが沢山あったときに、そういう普段は主にスタッフが対処しているトラブルを生徒達で助け合いながら解決することができたりなど、普段なかなかできない経験ができたと思います。

そして、生徒達が一丸となって協力したおかげで、ワークショップは大成功のうちに終えることができました!

また、普段の授業では、直接的に作ったゲームを遊んでくれる人がいないので、このような場でたくさんの人に自分達で作ったゲームを遊んでもらえて、とてもいい刺激になったと思います!

今後もこのような直接的なアウトプットの場を大事にしていきたいなと思いました。

最後になりましたが、朝早くから送り迎えなどをして頂いた保護者の皆様、遊んでいってくれた来場者の方々、本当ににありがとうございました!

そして慣れない中、来場者の方々にゲームの操作方法についておしえたり、ITeensLab.について話してくれたりした生徒の皆さん、お疲れさまでした!

 

 

無料体験会のお知らせ

そんな子供プログラミングが体験できる、無料体験会を下記の日程で開催しています。




詳しくは、上記の画像をクリック!
みなさまもこの機会に、今注目の子供プログラミング体験にチャレンジしてみてはいかがですか?


ITeens Lab.では新規入会や無料体験申し込みをお待ちしています!


ITeensLab.のパトロンになりませんか?

PatreonよりITeens Lab.のパトロンへご参加いただくと、

・限定の活動報告

・限定のSlackチャンネルへの参加

・オリジナルSNSアイコンプレゼント

などさまざまな特典が得られます。詳しくはPatreonをチェック!

Become a Patron!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です